マンション管理士の仕事、管理業務主任者の仕事

マンション管理士の仕事

住民が組織するマンション管理組合に対して、コンサルティング業務を行うのがマンション管理士。本来、マンション管理というのは、マンションを購入した人たち(=区分所有者)が行うものです。しかし、素人が集まっても上手く行きません。各々の価値観や生活習慣に違いがあるとスムーズなマンション管理は到底ムリな話です。

ところが、マンションの供給が増えたことにより、法律によって「マンション管理の適正化」、「管理組合および区分所有者へのマンション管理に対する努力義務」が明示されるようになったのです。この法律がマンション管理士の誕生に大きく関わっているのですが、マンション管理組合の運営には専門家が必要だ、ということになりました。マンション管理士はあくまで住民目線でマンション管理組合の運営に携わります。マンションの数だけ管理組合があり、コンサルティング契約のチャンス(ニーズ)が広がるのです。

管理業務主任者の仕事

管理業務主任者は、原則としてマンション管理会社に所属しています。というのも、管理業務主任者というのはマンション管理会社に対して、法律で定められた通りの人員配置が義務づけられているものだからです。マンションの管理業務を行う事務所や営業所ごとに、その規模によって必要な人数が違います(全員が管理業務主任者の資格を持っていなくても大丈夫)。

マンション管理士は独立開業を視野にできる資格ですが、管理業務主任者は違います。あるいは職場で取得を奨励(義務化!?)されるケースがあるかも知れません。両者の合格率を比較するとマンション管理士のほうが低い(難易度が高い)のは、それだけ守備範囲が広く、求められる知識がたくさんあるからに他なりません。

いずれにしても、マンション住民の環境整備や、暮らしの質の向上に貢献できる仕事でやりがいは大きいもの。国家資格ですから、就職や転職にも有利な資格に間違いありません。マンション管理士と管理業務主任者、どちらが自分に向いているのか、合格率や難易度だけで判断できません。それぞれの資格のことを、よく調べて挑戦しましょう。

『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』 ⇒ http://www.foresight.jp/mankan/

<< 前のページ次のページ >>