国家資格のマンション管理士

日本の住環境を考えれば、マンションは欠かせません。マンション住まいで問題になるのは、建物の管理や日々の暮らしのルールづくりなど。住民(区分所有者)が集まって管理組合を組織しても、法的なことは解決の糸口さえ見つけられないこともあります。

マンション管理士は、管理組合との直接契約を結び、それぞれのマンションが抱える問題点や、今後発生する可能性がある課題などの解決に取り組むのが役目です。裏付けとなる法的な知識、実践的なスキル、コミュニケーションなどがなければ務まりません。

マンション管理士は国家資格。合格率8%前後の難易度Aランクの国家試験に合格し、登録を終えれば、晴れて『マンション管理士』として実務に当たれます。名称独占資格ですから、名刺や看板に『マンション管理士』を書き入れても問題ありません。

マンション管理士試験

実施機関

 : 

(財)マンション管理センター(※詳細はhttp://www.mankan.org/

実施日時

 : 

毎年11月の最終日曜日、13:00~15:00
・受験申込方法
受験手数料9,400円。指定の払込用紙を用いて、郵便振替または銀行振込により納付。併せて受験申込書類を(財)マンション管理センターへ郵送(当日消印有効です)。
・試験実施地域
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市およびその周辺。

受験資格

 : 

年齢や性別、学歴、国籍、経験などは一切問われません。誰でも受験可能です。

管理業務主任者試験

実施機関

 : 

(社)高層住宅管理業協会(※詳細はhttp://www.kanrikyo.or.jp/

実施日時

 : 

毎年 12月の第1日曜日、13:00~15:00
・受験申込方法
受験手数料8,900円。受験申込案内書に同封されている受験申込書等指定の払込用紙、またはHPにある指定の払込用紙により指定先に払い込む。受験申込書類は簡易書留郵便による)郵送のみ。
・試験実施地域
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市の8地域で実施。

受験資格

 : 

年齢や性別、学歴、国籍、経験など一切問われません。誰でも受験可能。

『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』 ⇒ http://www.foresight.jp/mankan/

<< 前のページ次のページ >>