トップクラスを誇る合格率!

こんな言葉が目に飛び込んできたら、“ホント!?”って思いますよね。マンション管理士の国家試験に挑戦しよう。確実に短期間で合格を勝ち取りたいと考え、しっかり準備していたらなおさらです。実は、ある通信講座のHPで見つけました。

マンション管理士試験(国家試験)の合格率は、ここ数年7%~8%で推移しています。ところが、最適な勉強法で取り組むことができれば、1ケタ台の合格率でも、合格者の側に入ることが可能に。さて、マンション管理士合格には、どのような勉強法で備えれば良いのでしょうか?

マンション管理士合格を勝ち取るための勉強法なら、「通信」(=通信講座)が最適! いきなり結論からお話ししました(笑)が、このサイトは“マンション管理士合格のために”役立つ情報を掲載しています。

先に、マンション管理士試験の合格率と管理業務主任者試験の合格率、加えて宅地建物取引主任者試験の合格率を掲載しました(「1.マンション管理士と管理業務主任者の合格率」「4.合格率が目安のひとつ、資格の難易度」)。いかに合格を勝ち取るかは勉強法にかかっていると言っても良いでしょう。

資格を目指す勉強法といえばこの3つ、「通信」「通学」「独学」です。それぞれ勉強法には一長一短あって当然ですが、その違いをきちんと検討した上で自分に合う勉強法を取り入れてください。

資格取得のために勉強法

「通信」=通信講座を受講して学ぶ
「通学」=専門学校や予備校に通って学ぶ
「独学」=市販の教材を使い1人で学ぶ

マンション管理士は国家資格で、簡単に合格できるものではありません。仕事や将来のことを第一に考えてトライするわけですから、ただ単に時間をかければ良いというわけではないのです。“「通信」(=通信講座)が最適!”その理由を理解し、万全の態勢を整えてチャレンジすべき。ここからはマンション管理士試験に合格するための勉強法ついて紹介してきたいと思います。

『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』 ⇒ http://www.foresight.jp/mankan/

<< 前のページ次のページ >>