通信講座選びは口コミで

合格率7~8%の難関資格「マンション管理士」は、今後ますますニーズが高まるマンション管理のエキスパート。スキルとキャリアを活かして独立開業できる国家資格で、定年はありません。直接、マンション管理組合とコンサルティング契約を結んで稼ぐ、やりがいの大きい仕事です。

国家試験は年1回。ここ数年は2万人弱の受験者に対し、合格者は1500~1600人ぐらい。マンション管理士試験に合格するには、ただがむしゃらに勉強するだけではダメです。合格の秘訣も学ばなければならないのです。

最も効果的な勉強法は「通信」(=通信講座)。特に、インターネットの口コミで好評を得ているなら間違いはありません。ある意味、言いたい放題のネット情報の中で高評価は珍しいかも知れません。受講経験者の意見がほとんどで、匿名性から時には辛らつな評価もありますから。

インターネットの口コミで評価を得ている通信講座、『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』(フォーサイト)を紹介します。実は“トップクラスの合格率を誇る!”通信講座。それには数々の理由があり、それらが口コミの好評につながっているのです。

『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』(フォーサイト)好評の理由

  • 確かな合格実績がある。トップクラスの合格率を誇る! 行政書士は1.46倍。宅建(宅地建物取引主任者)は1.73倍。
  • 定評のある過去問分析。出題傾向を分析し、合格に必要なカリキュラムを提供。学習効果の高い過去問演習。
  • “合格ラインを狙う!”……無駄を省き、効率よく学んで合格を勝ち取れる。
  • 人気講師は実務家揃い。実践的な話題に興味が湧きモチベーションアップ。
  • 広告費をかけず、削減した経費は受講料に還元(受講料が安い)。
  • コンパクトなB5サイズのフルカラーテキストが使いやすい。
  • CDやハイビジョンDVDなどのメディア教材が充実。

……etc.

詳細は後述しますが、口コミで好評なので広告費をかけずに広がっている通信講座です。マンション管理士試験は満点を取る必要はありません。あくまで合格点を超えれば良いのです。そのためのカリキュラムを組み、十分な内容の教材を揃えている通信講座です。他社と比較をし、口コミを確認した上で決めても遅くはありません。

『マンション管理士・管理業務主任者 通信講座』 ⇒ http://www.foresight.jp/mankan/

<< 前のページ次のページ >>